◆庄内交通   山形県鶴岡市

 山形県の日本海側を営業エリアとする事業者で、戦時中の1943年にに庄内電鉄(鶴岡〜湯野浜温泉)を母体にバス事業者が合併して誕生しました。鉄道は1975年に廃止になり、その後1990年代に細かな分社化が実施されて現在に至っています。よって、現在本体によるバス事業は鶴岡市・酒田市周辺に限られていますが、近年では100円バス政策の実行など、積極策も目立っています。

 路線車輛は三菱車を中心に4メーカー全て在籍しています。一時期、移籍車輛の導入が行われていたこともありますが、現在は自社発注の中型車が大半を占めています。うち富士5E・6E系の架装車輛は、わずかにいすゞの中型車を確認したのみです。

U-LR332J いすゞ U-LR332J

2000-10 山形県鶴岡市

▲ 全国に5E・6Eを求めて 目次へ

inserted by FC2 system