最終更新日:2019.4.30


はじめに

 茨城県の久慈川より北に路線網を持つ日立電鉄交通サービス。
日立製作所(以下日製)傘下にあり、もとは日立電鉄(2005年廃線 以下電鉄)のバス部門でした。
1995年の磯原・高萩営業所の分離以降幾多の変遷を経て2005年以降は現社名での営業を続けていました。
しかし、2017年12月にみちのりホールディングス傘下入り。
そして2019年5月に同じみちのり傘下の茨城交通と合併し、事業者としては消滅することになりました。
ここでは、主に1996年以降に撮影した車両の画像を並べてゆきたいと思います。

※本サイトは開設者の個人的な記録です。日立電鉄交通サービス株式会社様ならびに同社関連事業者様は一切関与しておりません。
 

高速路線車         
貸切車(旧21条バスを含む)など

電鉄バスいろいろ      
一般路線車一覧表      


電鉄のバス事業の変遷について

以下のように1995〜2005年にかけて段階的な分社と子会社同士の合併を行っています。

1990年 6月 太田営業所・大甕営業所を統合し日立南営業所を開設。
1995年 4月 高萩営業所・磯原営業所を でんてつオーシャンバスに分離。
1996年10月 神峰営業所を日立中央バスに分離。
1997年 4月 貸切バスの大半を日立電鉄観光に譲渡。
1998年?  でんてつオーシャンバス、磯原営業所を廃止。高萩営業所を移転。
1999年 6月 日立南営業所を日立電鉄バスに分離。
      でんてつオーシャンバスと日立中央バスの全事業、および日立電鉄観光の貸切バス事業を同社に統合。
      これにより電鉄のバス事業は全て分社される。
(2005年4月 電鉄の鉄道線廃止)
2005年10月 日立電鉄バスが日立電鉄観光と日立電鉄サービス(旧・電鉄商事)を合併し、日立電鉄交通サービスに改名。
2017年12月 日製が株式をみちのりホールディングに譲渡・同社の100%子会社となる。
2019年 5月 茨城交通と合併(予定)。


inserted by FC2 system